グリーンボンドへの取組み|ESGへの取組み|日本プロロジスリート投資法人

日本プロロジスリート投資法人

グリーンボンドへの取組み

グリーンボンドとは

プロロジス・グループによるESG活動の一環として、本投資法人は、環境負荷を可能な限り低減したエネルギー効率の高い先進的物流施設への投資とその運用に取り組んでおり、保有する個々の施設の環境性能を評価する各種環境認証を積極的に取得しています。一方、資本市場に目を向けると、ESGへの取組みが社会的に大きなテーマとなるに伴い、債券投資家の皆様のESG投資への需要が高まっていると考えられます。こうした背景により、本投資法人はグリーンボンドを発行いたしました。「グリーンボンド」とは、地球環境にとって明確な有益性をもつグリーンプロジェクトに充当される資金を、投資法人・株式会社・地方自治体等の発行体が調達するために発行する債券であり、原則として国際資本市場協会(International Capital Market Association又はICMA)が定める「グリーンボンド原則(Green Bond Principle)」に則って発行されます。「グリーンボンド原則」とは、ICMAが事務局機能を担う民間団体であるグリーンボンド原則執行委員会(Green Bond Principles Executive Committee)により策定されているグリーンボンドの発行に係るガイドラインです。「グリーンボンド原則」の詳細は以下の国際資本市場協会のホームページをご参照ください。
https://www.icmagroup.org/green-social-and-sustainability-bonds/green-bond-principles-gbp/

グリーンボンドへの取組み

本投資法人は、ESGの社会への浸透、ひいては低炭素社会の実現に貢献することを目的として、「グリーンボンド原則 2017」の4つの柱に合致したプロロジスの「グリーンボンド・フレームワーク」に則り、グリーンボンドを発行します。

プロロジスのグリーンボンド・フレームワーク

  1. 調達資金の使途
  2. プロジェクトの評価及び選定のプロセス
  3. 調達資金の管理
  4. レポーティング
  • グリーンボンドの調達資金は、グリーンビルディングの環境認証を満たす物流施設、再生可能エネルギー発電システム、省エネルギー施設、エネルギー備蓄システム及びその他ESGに関連する施設設備への新規または既存の投資・支出資金として用いられます。
  • グリーンボンドの調達資金が充当されるプロジェクトは、プロロジス・リート・マネジメント株式会社の「ESGコミッティー」のメンバーにより構成される「グリーンボンド・コミッティー」により、評価と選定が行われます。

なお、本投資法人は、当該グリーンボンド発行から1年後に、本ウェブサイト上において、調達資金のグリーンプロジェクトへの充当状況を報告する予定です。

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. グリーンボンドへの取組み

to Page Top