グリーンボンドへの取組み|ESGへの取組み|日本プロロジスリート投資法人

日本プロロジスリート投資法人

グリーンボンドへの取組み

グリーンボンドとは

プロロジス・グループによるESG活動の一環として、本投資法人は、環境負荷を可能な限り低減したエネルギー効率の高い先進的物流施設への投資とその運用に取組んでおり、保有する個々の施設の環境性能を評価する各種環境認証を積極的に取得しています。一方、資本市場に目を向けると、ESGへの取組みが社会的に大きなテーマとなるに伴い、債券投資家の皆様のESG投資への需要が高まっていると考えられます。こうした背景により、本投資法人はグリーンボンドを発行いたしました。「グリーンボンド」とは、地球環境にとって明確な有益性をもつグリーンプロジェクトに充当される資金を、投資法人・株式会社・地方自治体等の発行体が調達するために発行する債券であり、原則として国際資本市場協会(International Capital Market Association又はICMA)が定める「グリーンボンド原則(Green Bond Principle)」に則って発行されます。「グリーンボンド原則」とは、ICMAが事務局機能を担う民間団体であるグリーンボンド原則執行委員会(Green Bond Principles Executive Committee)により策定されているグリーンボンドの発行に係るガイドラインです。「グリーンボンド原則」の詳細は以下の国際資本市場協会のホームページをご参照ください。
https://www.icmagroup.org/green-social-and-sustainability-bonds/green-bond-principles-gbp/

グリーンボンドへの取組み

本投資法人は、ESGの社会への浸透、ひいては低炭素社会の実現に貢献することを目的として、「グリーンボンド原則」の4つの柱に合致したプロロジスの「グリーンボンド・フレームワーク」に則り、グリーンボンドを発行します。

プロロジスのグリーンボンド・フレームワーク

  1. 調達資金の使途
    • グリーンボンドの調達資金は、グリーンビルディング認証を取得した物流施設、再生可能エネルギー発電システム、省エネルギー施設、エネルギー備蓄システム及びその他ESGに関連する施設設備(これら資産からなる資産ポートフォリオを以下「適格グリーンプロジェクト・ポートフォリオ」といいます。)への新規または既存の投資・支出資金として用いられます。
  2. プロジェクトの評価及び選定のプロセス
    • グリーンボンドの調達資金が充当されるプロジェクトは、プロロジス・リート・マネジメント株式会社の「ESGコミッティー」のメンバーにより構成される「グリーンボンド・コミッティー」により、評価と選定が行われます。
  3. 調達資金の管理
    • グリーンボンド・コミッティーは、グリーンボンド発行による調達資金を、「適格グリーンプロジェクト・ポートフォリオ」に充当します。
  4. レポーティング
    • 本投資法人は、グリーンボンド発行から1年以内に、本ウェブサイト上において、適格グリーンプロジェクト・ポートフォリオへの調達資金の充当状況を報告します(「資金充当状況レポーティング」)。
    • 本投資法人は、適格グリーンプロジェクト・ポートフォリオにおけるインパクトレポーティング(適格グリーンプロジェクトの件数、適格グリーンプロジェクトが取得した認証レベル等)を実施します。

適格グリーンプロジェクト

本投資法人が保有する資産のうち、グリーンボンド・フレームワークにおいて定められた適格クライテリアを満たす適格グリーンプロジェクトは下記のとおりです。

2018年11月30日現在

物件名称 取得価格
(百万円)
CASBEE DBJ Green Building認証 BELS
プロロジスパーク市川1 33,900 S(注1) five stars ★★★★
プロロジスパーク座間1 27,900 S(注1) five stars ★★★★★
プロロジスパーク川島 25,600 A(注1)
プロロジスパーク大阪2 25,000 A(注2)
プロロジスパーク舞洲3 13,500 B+(注2)
プロロジスパーク春日井 12,500 S(注1) ★★★★
プロロジスパーク高槻 4,410 A(注2)
プロロジスパーク座間2 21,900 S(注1) five stars ★★★★
プロロジスパーク成田1-A&B 8,420 A(注1)
プロロジスパーク成田1-C 4,810 A(注2)
プロロジスパーク尼崎1 17,600 A(注1) four stars
プロロジスパーク尼崎2 19,200 A(注1) five stars
プロロジスパーク習志野4 20,000 A(注1)
プロロジスパーク東京新木場 13,600 A(注1)
プロロジスパーク横浜鶴見 13,800 A(注1)
プロロジスパーク大阪4 21,000 A(注2)
プロロジスパーク川島2 8,180 A(注2)
プロロジスパーク川西 13,600 A(注2)
プロロジスパーク尼崎3 9,090 A(注2)
プロロジスパーク神戸 6,410 A(注2)
プロロジスパーク北本 12,600 A(注2)
プロロジスパーク常総 7,120 A(注1) ★★★★★
プロロジスパーク大阪5 17,600 A(注1) ★★★★★
プロロジスパーク成田3 9,240 four stars
プロロジスパーク古河1 7,680 ★★★★
プロロジスパーク神戸2 13,700 A(注2) ★★★★★
プロロジスパーク習志野5 13,600 A ★★★★★
プロロジスパーク茨木 38,300 S ★★★★★
プロロジスパーク古河2 3,930 ★★★★★
プロロジスパーク市川3 17,000 A five stars ★★★★★
プロロジスパーク成田1-D 5,260 ★★★★
プロロジスパーク吉見 21,300 A(注1) ★★★★★
プロロジスパーク古河3 5,440 ★★★★★
適格グリーンプロジェクト総額 493,190
ポートフォリオ取得価格総額 565,770
適格グリーンプロジェクト件数 33件
適格グリーンプロジェクト比率 87.2%
  • 2018年11月30日時点で既に認証期限が到来しております。
  • 自治体版CASBEEによる自己評価結果となります。

資金充当状況レポーティング

本投資法人のグリーンボンドに関する資金充当状況は以下のとおりです。

  • グリーンボンド発行残高合計
    6,000百万円(「グリーンビルディング」カテゴリーに全額充当完了)
銘柄 第7回無担保投資法人債
発行額 6,000百万円
発行日 2018年8月17日
償還期限 2028年8月17日
利率 年0.660%
資金使途 2017年8月1日に取得した適格グリーンプロジェクトである3物件(プロロジスパーク習志野5、プロロジスパーク茨木及びプロロジスパーク古河2)の取得資金のリファイナンスのために2018年8月8日に借入れた短期借入金6,300百万円の期限前弁済資金の一部に充当しました。
充当完了日 2018年8月20日
  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. グリーンボンドへの取組み

to Page Top