環境への取組み|ESGへの取組み|日本プロロジスリート投資法人

日本プロロジスリート投資法人

環境への取組み

プロロジスは、物流施設開発と事業活動が環境に与える影響を理解しています。環境負荷を最小限に抑えながら、プロロジスの事業とカスタマーがともに成長できる方法を構築しています。

  1. 環境への取組み
  2. 高品質な先進的物流施設
  3. エネルギー関連の取組み
  4. ESGへのコミットメント

プロロジスは世界をリードする物流不動産企業であり、本投資法人はそのグループの一員として質の高い先進的物流施設を保有・運用しています。

  • 物流施設の持続可能性について、設計段階から重視しており、長期にわたる高いクオリティと価値を維持することが可能です。
  • 最高水準の持続可能性を有するべく設計・建築された施設は、最も効率的に運営でき、カスタマーの運営コストを削減し、また最良の稼働状況を維持することが可能です。
  • 持続可能性を有した高いクオリティと高効率の物流施設は、カスタマー・投資家・地域社会などあらゆるステークホルダーの皆様にとって、優れた価値を提供します。

環境認証取得施設

プロロジス及び本投資法人は、世界各国・各地域の環境認証取得基準に沿った施設開発と運営に積極的に取組み、各種環境認証を、ポートフォリオを構成する物流施設について積極的に取得しています。これはSDGs(持続可能な開発目標)の第9号目標(強靱なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。)に適合するものです。

日本においては

  • CASBEE (建築物環境総合性能評価システム)
  • BELS (国土交通省が評価基準を定めた建築物省エネルギー性能の評価・表示制度)
  • DBJ Green Building認証 (株式会社日本政策投資銀行)

の取得に積極的に取り組んでいます。

CASBEE (建築環境総合性能評価システム)

一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)が制定する建築物の環境性能を評価し格付する手法であり、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮の他、室内の快適性や景観への配慮等も含めた建物の品質を総合的に評価するシステムです。

評価結果は、「Sランク(素晴らしい)」、「Aランク(大変良い)」、「B+ランク(良い)」、「B-ランク(やや劣る)」及び「Cランク(劣る)」の5段階があります。

DBJ Green Building認証

  • 環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、2011年4月に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が創設した制度です。
  • 評価結果は、「five stars」、「four stars」、「three stars」、「two stars」及び「one star」の5段階があります。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)

  • 国土交通省が定める「非住宅建築物に係る省エネルギー性能の表示のための評価ガイドライン(2013)」に基づき、第三者機関が非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能の評価及び表示を的確に実施することを目的として開始された制度です。
  • 評価結果は、(★~★★★★★)の5段階があります。

本投資法人の各種環境認証の取得状況については、こちらのページの適格グリーンプロジェクト一覧をご参照ください。
https://www.prologis-reit.co.jp/ja/esg/greenbond.html

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 環境への取組み

to Page Top