社会貢献活動と企業としての責任|ESGへの取組み|日本プロロジスリート投資法人

日本プロロジスリート投資法人

社会貢献活動と企業としての責任

プロロジス及び本投資法人は、カスタマー、投資家、お取引先や従業員、そして地域社会まで、プロロジスと関わる全てステークホルダーの皆様に対して企業としての責任があると考えています。
プロロジスの物流施設を利用されるカスタマーはもちろん、地域の皆様にとっても良き企業市民であることを目標としています。また、次代を担う世代に物流についての理解を深めていただけるよう、児童・学生向けの施設見学会なども積極的に実施しています。

  1. 社会貢献活動と企業としての責任
  2. プロロジス・グループの日本における社会貢献
  3. プロロジスの従業員

IMPACT Day(全世界一斉ボランティアデー)の実施

プロロジスでは、2013年より毎年5月の第3金曜日に、全世界の全従業員が終日ボランティア活動に従事するIMPACT Dayを実施しています。
日本でも、プロロジスおよびプロロジス・リート・マネジメント株式会社の全従業員が、東京および大阪に分かれて、ボランティア活動に汗を流しています。

使用済みランドセルの
検品・梱包・寄付
(2019年)
東京都北区の児童養護施設
「星美ホーム」での活動
(2017年、2018年)
大阪湾生き物調査および周辺の美化活動
(2015年~2018年)

物流業界や地域社会への貢献活動

早稲田大学 大学院経営管理研究科に
寄附講座「ロジスティクス・SCM」を開講
各地の物流施設での
社会科見学の受け入れ
中学生の職場体験の受け入れ
(各物流施設および東京オフィス)

カスタマーや近隣の皆様を対象にイベントを実施

プロロジスパーク市川1
夏祭り
大阪地区のカスタマー向け
舞洲バーベキュー
プロロジスパーク座間
カフェイベント
プロロジスパーク東京大田
カフェイベント

プロロジス財団

2001年に米国で設立されたプロロジス財団では、主に教育や環境、福祉問題に携わる各種団体に対し、サポートを行っています。

  • 従業員からの寄付金総額に応じて、同額を財団から寄付するマッチングギフト
  • 従業員のボランティア時間に応じて寄付を行うドアーズ・プログラム
  • NPO団体への経済的支援

プロロジスのサプライヤー行動規範

プロロジスはサプライヤーとの契約や求める基準についてまとめた「サプライヤー行動規範」を定めています。

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 社会貢献活動と企業としての責任

to Page Top