企業倫理とガバナンス|ESGへの取組み|日本プロロジスリート投資法人

日本プロロジスリート投資法人

企業倫理とガバナンス

私たちはすべてのビジネス上のお取引において、常に誠実に、そして最も厳しい倫理基準に沿うことを皆様にお約束します。

  1. 本投資法人の体制
  2. プロロジスのコーポレート・ガバナンス体制
  3. 資産運用会社の体制

プロロジス・リート・マネジメント株式会社は、本投資法人との間で締結している「資産運用委託契約」に基づき、本投資法人の資産運用会社として、本投資法人の資産の運用、資金調達、本投資法人への報告、その他本投資法人が随時委託する業務を行っています。

  • プロロジス・リート・マネジメント株式会社は、その取締役会により運営されており、代表取締役社長の下、投資運用部・財務企画部・総務経理部の3部から成っています。
  • 本投資法人の資産の運用等に関する事項を審議し決定すること等を目的とする機関として投資運用委員会を、資産運用会社における法令・諸規定・諸規則その他に係るコンプライアンス上の問題の有無を審議することを目的とする機関としてコンプライアンス委員会を、それぞれ設置しています。
  • 上記2つの委員会は、それぞれ1名以上の独立した外部委員がメンバーに名を連ねています。
  • 上記ボタンをクリックすると、プロロジス・リート・マネジメント株式会社のウェブサイトに移動します。

資産運用会社の組織

資産運用会社のリスク管理体制

  • 資産運用会社は、同社におけるリスク管理に関する基本的事項を定め、リスクの適切な管理・運営を行うことにより、経営の健全性を確保することを目的として、「リスク管理規程」を定めており、取締役会がリスク管理体制の整備を統括しています。
  • 資産運用会社全体のリスク管理はコンプライアンス・オフィサーが統括し、各部署におけるリスク管理は各部の部長がこれを行うこととしています、その状況は、定期的に本投資法人の役員会に報告されています。
  • 年に1回、資産運用会社の内部監査を実施し、リスク管理体制の適切性・有効性を検証・評価することとし、その結果を本投資法人の役員会にも報告しています。
  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 企業倫理とガバナンス

to Page Top